ママ、パパ!乳歯が抜ける順番違っているけど何かしたほうがいいの?

“はじめに、乳歯が抜けるというのは歯の生え変わりによって起こることです。

すべての子が順番どうりに抜けるということはありません。

身長や脳の発達などと同じように個人差があります。

これを踏まえたうえで、心配になる乳歯の抜ける順番について説明していきます。

一般的には6歳ごろをはじめに12歳ごろまでにすべての歯が乳歯から永久歯へと生え変わっていきます。

この期間は乳歯と永久歯が混在しているので「混合歯列期」といいます。

この間に永久歯がどのように並ぶかが決定します。

ここで歯並びが決まるので歯の成長の一番大切な時期になります。

歯の生え変わりは前歯から左右に広がっていくようになります。

6歳頃に下の前歯が抜け、大人の下の前歯が生えてきます。

同じ時期にもともと乳歯のない部分に6歳臼歯といわれる大臼歯が生えてきます。

奥歯のことです。

7歳から8歳位のうちに上の前歯が抜け大人の上の前歯が生えてきます。

8歳から9歳ころにそのまま順番に前から後ろに向かい、歯が生え変わっていきます。

前歯が生え変わると、その左右の横の歯から順番に生え変わっていくのが本来の形です。

10歳から11歳位頃に上下の乳歯の奥歯が抜け、大人の歯に変わります。

12歳から14歳頃に大人の歯が生えそろうので、大人の歯列の完成です。

ただし上の歯の犬歯だけが最後に生えてきます。

このようにして生え変わりの順番は決まってはいます。

ですが最初に説明をしたように、歯の成長についても個人差があります。

抜ける順番などについてはこの通りにいかないことがよくあります。

そこまで心配して何かをしてあげる必要はありません。

そこでただしで特記した上の犬歯についてです。

犬歯は10歳から12歳ごろに生えてきます。

ですが、一番遅く生えてきます。

犬歯は生えきるまでの移動距離が長く、先に生えている隣の側切歯の根っこを沿う形で生えてきます。

なのでこの犬歯が先に生えてきてしまうと、歯並びが悪くなってしまう恐れがあります。

気になる方は歯科医院で診てもらうようにしましょう。

基本の歯の生え変わりと犬歯についてを説明しました。

この通りの生え変わりでなくても心配する必要はありません。

ですが、まだ歯がグラグラせず抜けそうにないのに下の歯が生えてきてしまった場合や、それにより痛みが出た場合。

歯が抜けているのに、新しい歯が全く生えてこない。

左右のバランスよく歯が生えてこず(右の前歯が極端に大きいなど)これからの歯並びに影響しそうな場合。

こんなときは歯科医院で相談するようにしましょう。

歯については、自分たちの力ではどうしようもできません。

もしも心配なことがある場合は専門の医師に診てもらうことが一番の解決方法です。

大人になり生えそろってしまった場合の歯の矯正は痛いし時間もかかります。

子供が大人になったとき自分の歯並びで悩むことがないように定期的な歯科検診をすることはとても大切なことです。

そうすれば早めに異常を見つけることができます。

専門の医師とともに安心して子供の歯の成長を見守っていきましょう。

合わせて読みたい→衝撃!ブリアンの口コミは嘘?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です